読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオ・マテリアルガールのすすめ

「どっちにもいける」いち女子のブログです。

SF映画 序章 【どっちにもいけない趣味】

 

こんにちは

 

今日は月曜ですがお休みなので朝から失礼します

 

今日は どっちにもいけない趣味一発目、SF映画編です。

 

これそんなに最初に持ってこれるほど歴史はなくて

 

だいたい2013年の夏ぐらいからはじまったんですが

 

週に一本は観る感じで(金曜日の夜とか)

何もやる気が起きないときは週に3本とか観てます

 

有名どころから観てきているわけです

 

きっかけは映画に詳しい編プロの先輩に

 

「映画を全然観ないのは人生損してる」と言われて

 

ジャンルでいったらどうなの?といわれ

 

ヒューマンはやだし恋愛ものは絶対ヤダ

戦争映画なみにグロいのもいやホラーももってのほかです

だからしいて言えばSFがいいです

 

みたいな話になって

「じゃぁ『ブレードランナー』から観な」

と言われてからです。

 

わからなくとも数をこなせば何かわかってくると。

 

 

今はまだ25本目ぐらいなのですが

ここまででわかったのは

「この監督が作るのは一定ライン面白い」みたいなのぐらいです

 

音楽もそうだけど

「このプロデューサーorトラックメイカーの人が作る曲はなんか好み」

みたいなそういう楽しみ方と同じ感覚で映画もちゃんと観てれば

できるのかなぁと思ったりしてます

 

 

してるだけです

 

 

でもね。

 

SFの金字塔時計じかけのオレンジ』は未着手なんです。

正確に言うと、一回借りたけど観ないで返しちゃったんです

 

「内容は残忍だけどアートワークが綺麗なんだよね〜」

 

 

と観た人たちは言ってましたが

 

アートワークってなんや

 

極力レイプとかそういう性暴力的なものは観たくないんですよね

 

(そうでなくても

ハリウッド映画には恋愛要素はつきものだからしょうがないけど

マトリックスシリーズも主人公とヒロインのセックスシーンとか

ふたりの関係描写が増えていくにつれそれいらなくね?と思った)

 

脳裏にイメージが焼き付くという意味で

極力観賞後に負のイメージをいだくものは観たくなくて。

 

キューブリック監督作品に踏み出せない

 

ただでさえ今観たなかでも辛いシーンもあるのに。

 

f:id:lupin1107:20140120102804j:plain

でもそろそろ観なきゃいけない時期かなとは思っています

 

なので近々観るでしょう。。。

 

知識欲的な意味でね。自分しっかり基礎からやってますぜ〜みたいなね。 

 

そういうちいさい自尊心から満たして少しずつ自分を営んでいけたらと思います

 

ちなみに一番素敵だったのは

バック・トゥ・ザ・フューチャー (三部作)です

 やっぱりわっかりやすいのが好きなんや…

気持ちよく夢が見れるやつがいいです…。

 

 

とこのようにSF映画は観てるときも楽しいし

終わった後に逆に現実に対して活動的になるので

いいかなぁと思っています。

 

以上 どっちにもいけない趣味(SF映画編) でした。