読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオ・マテリアルガールのすすめ

「どっちにもいける」いち女子のブログです。

誕生日占い 【どっちにもいけない趣味】

 

 

こんばんは

 

今日は母の日ですが、

自分は毎年恒例の手紙を送りました。

 

喜びの電話がかかってきて、嬉しかったですね。

 

 

そんで今日も日曜日を満喫しました。

 

やっぱり晴れた日曜に秋葉原歩行者天国

そのままフラ〜と上野のほうまで歩いていく感じが

自分は好きなんですね。

何をするわけでもないんですけど。

気持ちが塞いだときはここに行くのが一番いいです。

 

 

今日は

どっちにもいけない趣味(誕生日占い編)

です。

 

 

女なら一回はやったことあるでしょうね。

好きな人との相性占い。

自分は姓名判断でなく誕生日派ですが。

 

 

だって誕生日のほうが

宿命感が強いじゃないですか

それに名前とか後から付与されたものより

 

 

 

 

「素質」「素材」「天性」「運命」とか

そういうものに惹かれちゃうのが性だと思うんです

 

 

 

 

 

自分世代も、恐らくもう5歳上ぐらいの世代も、

本を購入して読まずとも、

きっと思春期には携帯サイトにうなるほど

そういうたぐいのがあったと思いますし。

 

 

これまた

その恋愛がうまくいってないときほど

みてしまうんですよねぇ。

渦中のときは仕方ないんですよね。

 

 

 

 

 

 

そのときに比べたら今のほうがずっとフラットですが

今でも高校生のときからずっと

『誕生日大全』はチラチラ読んでますね。

 

 

 

 

 

 

いつもしかるべきときに立ち読みしてたんですけど

今日たまたまブックオフで見つけたので

手元に置こうと思って買いました。

 

 

 

 

 

この歳になって思うんですよ。

他人のことは関わらないと当然わからないと。

でも第一印象はだいたい

その人の持っている一側面と見て間違いがないと。

 

 

 

 

そういう自分の直感みたいなものは信じていいと思っています。

 

 

 

本当の意味で、実際には

自分にしか興味がなくて、そもそも他人(の本質)を見る気がない人

もいると思います。

 

けれどもだいたいは庶民なので、

当然自分の日常を取り巻く人間がどういう人間で

どういうふうにいったら自分が無理をせずかつ円滑な関係を築けるか

ってすこしは考えると思うんですよね。

 

んま思春期で、恋愛しかしてなくて

四六時中そのことしか考えてない当時の自分はできませんでしたが、

時期は人それぞれとしても、ちょっと大人になってくると

当たり前にやってることだと思うんです。

 

 

 

 

というか自分が好きだからこそ

(自分の能力を自分で信じてあげたいからこそ)

わりと一生懸命にあーだこーだと

周りの人のことよく見て分析したいんだと思うんですよね。

 

 

 

 

あれですよ、

思春期に

「趣味:人間観察」

とか書いちゃうおサムい精神年齢のときとは

次元が違いますよ。

 

 

 

もっとフラットに、日常的に、です。

 

 

 

 

 

そんな

時間を割いているわりには

人に言うようなことじゃないその行為(他人分析)を

一人遊びの娯楽へと取持ってくれるツール誕生日占い

だと思うんですよね。

 

 

f:id:lupin1107:20140511203750j:plain 

 

 

 

四柱推命とか、宿曜とか、ホロスコープ?とか

 

 

んまいろんな占いがあると思うんですが、

 

細かく性格が書かれているところで答えあわせをして

ちょっと楽しむ感じですね。

 

 

あとは自分自身に関しては

悪い部分とか悪い時期とか

そういうのを確認できるというのと、

 

 

なかなか他人に褒められる機会なんてない

この青年期前半において

全力で褒めちぎってけなされるという貴重なサンプル

 

になってくれます。

 

 

だからわりと占いの文章読んだ後って

元気になったりするんですよね。

 

 

あーあと他人を形容するときの

「モノは言い用」の

言い用の部分を学べますね

 

やっぱり自分の言葉で

感想は持っていたいんですけど

一般的な語彙で

その人のアラを反対側から見たら

どんな言い方の長所になるかが

わかります。

 

 

なんでほどほどに日常に取り入れるには、

いいものだと思っています。

 

 

 

でも確実に悪趣味なんで

他人には公言するものじゃないですけどもね。

ひとりで楽しむ分には人に迷惑かけませんからね。

 

 

 

 

以上

どっちにもいけない趣味(誕生日占い編)

でした。