読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオ・マテリアルガールのすすめ

「どっちにもいける」いち女子のブログです。

女性向けエッセイはうまく使いたい 【どっちにもいけない趣味】

 

 

こんばんは。

 

 

 

 

素敵な気温の日曜日の夜、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

自分は久しぶりにミニスカートを履いて

ヒールのあるパンプスを履いて

家を出ました。

 

 

自分(の気分)を変えたいときには、

こうやっておやすみの日に試してみるにかぎりますからね。

 

 

 

 

 

今日は、

どっちにもいけない趣味(女性向けエッセイ編)

です。

 

 

 

 

 

 

ついに本丸を攻めるみたいな感じです。

 

どっちにもいけない女の子にとって女性向けエッセイは

 

切っても切れない関係だからです。

 

 

んま言いたいことは短いのですが。

 

 

もしあなたがどっちにもいけない女子なら、

きっと読んでいるはずです。

 

 

 

 

自分も例に漏れず、

太るとわかっていて食べるあまーいおやつのように

自分への怠惰なごぼうびとして

消費して、消費して、消費しています。

 

 

 

 

 

 

 

やりすぎはダメですよ。

3ヶ月に一回ぐらい、思い立ったときにグワーッと。

 ちゃんと具体的な著書を紹介しなくとも、

ある程度は流行のものを考えていただければ間違えないです。)

 

 

 

 

 

 

 

ユーモアあるものは日常でちびちびと。

(おなじみ『アラサーちゃん』とか、『僕の姉ちゃん』とか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論として。

 

 

そんで結局、

なにを読んでも結局、

 

あー女の子は大変だけど女の子に生まれてよかったー

 

という気持ちになって

 

鏡の中の自分を愛おしいと思えれば

 

それでオーライです。

 

 

ナルシズムの確認です。

 

自信がなくなったときの栄養剤です。

 

 

人生はまだまだ楽しいぞー

 

という心意気になれたならそのエッセイは

 

自分の中の「絶対」のひとつになってくれるでしょう。

 

 

 

 

 

f:id:lupin1107:20140525204553j:plain

 

 

 

 

 

 

 

イラストの表情にバリエーションがなくほんとにすみません、、、

 

 

 

 

 

 

結局すなおになったときに

 

 

見た目や考え方向かってる方向これからのことぜーんぶ

 

 

裸の自分がいいと思うかどうか

 

ほんとにそれだけだなという話です。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく自分は今、最高に惚けています。

 

なんかずっとしあわせで生きていける気がしています。

 

 

最近自分がだいすきだと思えるものを思う度、

 

ああ、これがあれば生きていけるんだ

 

と大変うっとりとしてしまって

 

そんなことを毎日のように続けているから

 

 

すなおで自由なこころでいることとはなんて気持ちいいんだ

 

 

ということ、それとその逆

 

 

こころが窮屈になることが一番しんどいことなんだ

 

 

ということを常々思いました。

 

 

 

 

なんか宗教みたいにハイな気持ちになっていますが(笑)。

 

 

 

それぐらい明日も生きるのが楽しみな自分でいたいですね。

 

 

 

 

最近なつかし女ものR&Bばっかり

聴く時期に入っているので

時間あるときに気合い入れて書こうと思います〜。

 

 

 

以上

 

どっちにもいけない趣味(女性向けエッセイ編)

 

でした。