読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオ・マテリアルガールのすすめ

「どっちにもいける」いち女子のブログです。

精神的化学反応を起こすこと 【どっちにもいけない生活】

 

 

 

おこんばんはです〜

 

 

最近私生活が変化の時期というか

 

どうしようもなく胸が騒ぐので

 

普段いかないところに出かけたり、人によく会ったりと、

自分にしては少し外へ外へ足を運んでばたばたしていました。

 

 

 

地に足がついてないか、と言われれば

そういうわけではなくて

 

 

 

なんというか、すこし動かなくちゃと自然に思う

流れの中に突入したといった感じでしょうか。

 

 

なーんかかっこよく言ってみましたけど

そういう時期って素直にあやかるのが大事だと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

自分の歴史から引っぱり出してくるもの(思考や気持ち)よりも

 

 

ときに今目の前にいる人たちと

ふれあうことで得る化学反応を味わったほうが

結果として自分を幸せにするなぁと。

 

 

 

f:id:lupin1107:20140608231435j:plain

 

 

 

すげーふわっとした言い方ですけど。

 

なんていうか外に出てみて、

 

ああ!そういうこと!

 

とか

 

それ!それわたし好き!

 

とか

 

 

えそーだったのうそでしょ!

 

 

とかそういう発見ていうかなんていうか

 

新鮮な「マジで?」が、心のワクワク

 

大事だなぁと思うんですよ。

 

 

人と話したり、情報を直で得たときとかにね。

 

 

そういうのが新しい要素になって、逆に自分を確実なものにしていくんです

 

言い換えると、自分を好きになれると思える理由が増えるって感じです。

 

 

 

だからたまには積極的になることも大事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

経験則はほんとに必要なときにすっと肝に据えればよくって

 

先の時間のほうが長い自分世代のようなクソガキは、

 

 

 

「Baby  忘れないであの頃のときめいてたことを〜♪」

 

 

 

ぐらいの岡村さんよろしく

非常にあかるくふざけた感じで

そういう若さを愛おしんでればいいんですよ。

 

 

 

 

無理やり抽出するのは、

かわいくもかっこよくもないぞまじで。

 

 

 

 

 

目の前の現実をアホみたいにがんばると楽しくなるなぁって

 

 

まー今日もハイになってます。

 

 

 

というわけで

 

 

人生は長いなぁと思う日曜日の夜、

 

 

以上

 

どっちにもいけない生活(精神的化学反応編)

 

でした。