読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオ・マテリアルガールのすすめ

「どっちにもいける」いち女子のブログです。

四季を楽しむこと 【どっちにもいけない生活】

 
 
こんばんは〜
 
 
週明け月曜
バーニー・ケッセル'sナイトです。
 
 
 
今日は
 
どっちにもいけない生活(四季を楽しむ編)
 
です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
言いたいことは2つです。
 
 
 
 
夏は恥をかいても水着を着よう
 
 
四季の衣・食・住は享受しよう
 
 
 
です。
 
 
 
 

f:id:lupin1107:20140929201449j:plain

 
 
 
秋は、観る、もいいね。
書き忘れました。
 
 
とにかく
 
 
 
水着は
家族と海水浴に行ってでも着ると。
(それは20の夏でした…)
 
 
 
破廉恥になる時間が、必要です。
 
 
普段パーティピーポーじゃない
わたしたちが
 
 
合法的に破廉恥になれる季節が
夏なのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぜんぶ彼氏がいないと
つまらないことだ
 
 
と思っていた10代。
 
 
「ムダなこと」
「しなくていいこと」
だとして、
時間とお金をケチってきた
10代でしたがね。
 
 
 
こころの健全に、
四季を感じることは
大事でしたよ。
 
 
気づいてからは
大事にしています。
 
 
 
土用の丑の日には鰻食べるし。
 
 
今だったら
いも、くり、ぶどうさんが
おいしくて毎日のように食べています。
 
 
 
なんか
文化大事にしてますわたし、
な気分に浸れるから
いいというよりは
 
 
 
季節がそれを
許してくれるような
過ごし方をするのは
乙なもんだったりします。
 
 
 
「う〜ん、いいねぇ〜♪」
 
 
その時間にウットリするイメージ。
 
 
 
 
 
 
 
「クウネル的生活」
というと
やや小バカにしてる感じが
ありますよね。
 
 
 
そんな優等生で
フラットすぎる感覚じゃなくて
 
 
 
 
もっと現実的に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…けど。
このブログもそんな
毒にもクスリにもならないことを
まぁキレイに書いてるなぁという
かんじかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
雨宮まみさんの文章を
読んだときのような
 
 
ちょっとしたシラけ感
 
 
もあるかもしれません。
 
 
(あくまで印象の話です)
 
 
 
 
 
 
 
 
もっと普通なんだよな、って。
 
 
 
 
 
そうそう。
 
 
 
そういう同性に届けたいのが
このブログなんです。
 
 
 
 
 
 
恋もサブカルも
永遠のワナビー体質な
同じ層でいきてる女子の日常を
少しでも下支えしたいと
 
 
外に出る前をサポートしたい
 
 
青年女子一般層はほとんど
「どっちにもいけない女子」
ですからね
 
 
 
 
 
気持ちはあふれるほど、
なんですよ…
 
 
 
 
 
 
 
 
わたし自身いまの
 
毎日の仕事、恋愛、趣味を
 
愛せて満足こそ
しているものの
 
 
毎日への
エッジのきかせかたを
忘れてきてしまっている
気もします。
 
 
 
まだやれるな〜
もっとやれるな〜
と身体に熱がこもっています。
 
 
 
海外旅行編から引き続き、
そんな感じです。
 
 
 
外に出て行く時期が
また来たようです。
 
 
 
ちょっと元気ない記事に
なってしまいましたね。。。
 
 
 
以上
 
 
どっちにもいけない生活(四季を楽しむ編)
 
 
 
でした。