読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオ・マテリアルガールのすすめ

「どっちにもいける」いち女子のブログです。

家族との付き合い方 【どっちにもいけない生活】

 
現状
 
 
自分の当たり前社会生活を保持した上で
何事もないように接する
 
 
というのしかベストな答えが出せず
 
 
年末年始この
家族とコミュニケーションを
とることよしとされてる期間
 
 
めっちゃくるしんでいます。
 
 
暇からくる苦しみなんですかね。
 
 
勉強をしてみたり
音楽を聴いてみたり
兄弟と会話してみたり
人に会ってきても
 
家に帰ってくることには
避けられない問題です。
 
 
何回か書いていますが
無職鬱病の父の話ですね
 
 
毎日求人誌をながめて
アニメ動画をみて
一番風呂にはいって
ビールを飲んで
寝るだけの生活で
週末になると元気になって
外に出かけていくかんじです
 
 
 
じっくり会話したり
思いつくかぎりのことをして
 
結論として
「10年前単身赴任を選ばず
大企業をやめたところで時間がとまっている。」
にかならず戻るんですね
 
プライドに折り合いをつけようとしないで
 
「お父さんはもうどうしようもないんだよねー」
 
と道化るわけですよ。
 
 
 
わたしにはただただつらいです。
 
いきなり笑い出したり
独り言も多い
 
 
思春期のときと同じ環境を
久しぶりに味わってるわけですね
 
 
こないだも書いたけど
 
 
仕事と彼氏に生かされてるなと
思います。
 
 
もちろんなにもない時期があった
 
だから
 
この要素は固定的なものではないのですが
 
 
生活基盤が大事なわたしは
 
 
居場所とパートナーと目標が大切なわけです
 
 
 
目標は最近あやしいですが
 
家族との接し方で
悩んでいるぐらいなので
湧き上がるような創作欲が
そもそもないんですね
 
 
それはなんかわかったことです
 
 
「飲食を忘れるような夢中になれる創作」
 
で時間を過ごすことに憧れているわけですが
 
そういうのがそもそも元からないです
 
 
まず先の3つ
 
居場所とパートナーと目標
 
これが大切で
 
 
絶えず下地に物欲が流れています
 
 
ので父親への不満は
 
目標が満たされてないからだ
 
 
と自分の問題にすり替えています
 
 
ただしくは目標はあるんですが
 
それに率先して実際の作業が伴わない
 
自分にいらいらしてるんですね
 
 
というわけで
 
 
やっぱり他人にいらいらするのは
 
 
自分に原因があるということです
 
 
 
 
 
父親の問題は自分には解決できない
 
真心を込めて会話したけど
本音を伝えたけどかわらなかった
 
自分には解決できないわけです。
 
 
 
つぶすべくは自分の中の
イライラの本当の原因ですね。
 
 
父親にとっての居場所を
つくるのも自分の仕事ですね
家に住んでる以上はそうですね。
 
 
f:id:lupin1107:20141229153003j:plain
 
 
年末年始はひとつ
自分の未熟さの反省ということで
つとめて穏やかにすごします。
 
 
以上
 
どっちにもいけない生活(家族との付き合い方編)
 
でした。