読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオ・マテリアルガールのすすめ

「どっちにもいける」いち女子のブログです。

自分で稼ぐのがいちばん楽しい【どっちにもいけない生活】

 
 
 
 
いろんな考え方があるなぁて思うんです。
 
 
 
仕事でも個人でもそうで
 
 
精神性と工夫の両立だなと。
 
 
 
仕事なら
 
 
すごく大手でも
直前に資料送ってきてメールも返事返さないで
結果のデータは渡せなくて
 
広告売った後に
公式の大っきいキャンペーン打ってくる、
とかね。
 
 
 
エグいですね〜
 
って言ったんですけど上司は
 
 
「ビジネスとしては
すばらしい判断でしょ。
こっちはわかってて乗ってるんだからさ。」
 
 
 
とのこと。
 
 
相手の土俵にあがるためには
相手のルールで、ということで
あとは力の差、だと
 
 
 
 
 
個人なら
 
 
今かなりフリマアプリにハマってて
ちまちま稼いだり買ったりしてるのですが
 
 
自分都合の真面目さを主張してくる場合がある
 
 
その市場のルールの上に、
自分の真面目さの尺度で測った意見を
のっけてくる場合
 
 
 
仕事で例えるなら
「納期の連絡がないのに、
キャンセルは翌日正午までで、
納期が長く出てもキャンセルできないのはおかしい」
など
 
 
 
 
公式が至らない場合も多々あるんですが、
良心を武器にしてくる場合がある
 
 
 
「あらかじめそういうルールです」
「それは失礼だからダメです」
みたいなやつ
 
 
 
○○な人NG、や
ブラックリスト作る、など
神経質な人はそのサインがあるので
(SNS全般においてそうですね)
 
見極めなくてはならないし、
それができなかった自分のミスです。
 
 
 
 
まー、
自分ももしかしたら
そういうフシ(神経質)あると思うから、
鼻につくんだと思います。
 
 
そこは努力で消してる、
生粋の性質の部分ですからね。
 
 
転売による儲けじゃなくて
純粋に自己の成果物で儲かるのが
いちばん楽しいのだろうと思います。
 
 
たとえその成果物がMIXCDとか
グレーなものだとしても。
 
 
去年ぐらいから普及してるBASEとか
 
 
すごくやさしいサービスあったりしますしね
 
わたしまだ成果物ないんで
出展していませんが
 
 
 
仕事してて
今のポジション的に企画もかんでるんですが
やはりペーパードライバーだと限界あるんですよ
ユーザー目線にはなれない
市場の調査にとどまってしまう
 
 
だからインフラ整備をできるようになって
そっちとの架け橋になるほうで
役に立ちたいと思ったのも
プログラマがいいなぁと思った
理由のひとつであるんですが
 
 
それでも
「これやったら儲けると思います!」
みたいなのを資料を作ったら
ちゃんと受け取ってくれる上司には
感謝しています。
 
 
「業界に知識上塗りだけで足つっこんでる」
というのもむしろ逆手にして
とにかく情報集めてうちのフィールドと結びつけて提案する
 
っていうのが自分のできることかなぁと思ってます。
 
 
 
 
それが
 
 
・フラットな市場にのっかって
・自分の成果物を
・自分の売り値で売る
 
 
ということになると
もっと楽しいしワクワクするし
 
それが自分にとっては
いちばんよいんだろうなって思いました
 
 
純粋に気持ちを形にしたものが
評価されて同じ欲をもつ人に広がって
ひとつのよりどころができるようなイメージ
 
 
ぜったい裏切らないものを作りたい
(○ティみたく仕事選ばないキャラクターはそれはそれですばらしいっす)
 
 
 
だから最終的な答えは
 
 
工夫と精神性の両立です。
 
 
お金と高潔さの両立
 
 
技術と信頼の両立です。
(ちなみに岡村さんのボツになったツアータイトルは「信頼と技術」)
 
 
「自分都合の真面目さ」は
プラスαの部分で表現すればいい。
 
 
工夫した手紙を添える、とか
丁寧な言葉をつかう、とかね
 
 
そういうところで発揮する
 
 
 
わたしの場合
25歳で一回ヤマがくるんで
25歳までが勝負です
 
 
ぜんぶ自分の都合でやりたいなら
別途自分でやるし、
その時間は仕事をうまくコントロールして
捻出するんだ、と
 
 
やる気満々です(*^_^*)
 
 
あと2日、
平日一週間がんばりましょう〜