読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオ・マテリアルガールのすすめ

「どっちにもいける」いち女子のブログです。

相性の悪い彼氏 【どっちにもいけない恋愛】

 

 

 

 

「結婚するのはこの人ではない」

 

 

と言われたら

 

 

どうするかという話で

 

 

 

 

 

本当にはずかしい話なのですが

自分が信じている占いで

個人的にみてもらえる機会がありまして

 

結婚は今の王子ではないという結果をいただいたわけです

 

 

 

それで

 

生活の随所随所で思っていた

「この人と一緒にはいれない」という感情が

正当化されてしまって

 

久しぶりにうわこんなに弱かったけーってぐらい胸を

えぐられているわけです

 

限界がみえてしまったというか

 

なぜ結婚したいのか

精神的に快適で戻って来れる居場所がほしいから

 

それと反して

周りから結婚の話を聞くたびにまだまだ自分には無理だ

と強くかんじていて

 

 

そういうの含めて

まだ結婚はできないなという気持ちでいました

 

 

結果的にそうなっていくと言われても

恋は恋で楽しんでと言われても

 

いずれ離れてしまうのならと

先が見えないのならと

 

離れる日を想像するだけで胸がつらくなります

 

流れがあるのだから

なるようになってはいくんですけど

 

 

いつかそのときがくるとして

それを心にしまっておくのはなんとつらいことか

 

 

 

悲しみの原因は

 

やはり王子の顔や肌や全身に触れられなくなることです

 

自分の愛でているのもが他の誰かのものになるのが嫌なんです

 

 

自分がネオ・マテリアルを提唱する理由の根源も同じで

だから所有欲をむしろ敷衍して、

愛したり守りたいものを増やそうよ

という前向きな気持ちまで止揚してるわけです

 

 

とにかく

 

こう考えだすのは決まってダメなときです

 

もっとフラットにならなければなりません

 

 

恋愛への思考から強制的に離すこと

 

 

マテリアルの出番ですね

 

 

 

それを享受したのち

 

 

よりフラットな視点で現実をみると

 

f:id:lupin1107:20150327071711j:plain

 

そうやって

改善できることは地道に改善し

うまく味わっていきたいです