ネオ・マテリアルガールのすすめ

「どっちにもいける」いち女子のブログです。

28歳であること

 

ついに、きてしまった、現実人生の頂に。

真夏の一年に、突入してしまった。

「The Edge Of Heaven」を流してから3年、

いよいよ真に淵に立っている。

 

改めて「真夏の夜の夢」をかける。

いつまで薫くんと綴との生活を続けられるんだろう、

この身体で、という不安と

ずっと心は生き続けるぞ、という祈りを込めて

 

だってふたりがいないとそもそも生活が成り立たないから

書きながらまたびいびいと泣いてしまっているくらいに

だからわたしは身体も大切にしなくてはならない

 

大丈夫まだフューチャーファンクを聴ける

 

 

愛についての詩論、を書いてから

あの後、好きな女の子と好きな男性に会う機会があって

もう、本当に大好きだな、って思って

気持ちわるいほど、そういう顔をしていたと思う

 

そんなふうに幸せな今を迎えている

 

帰り道、ひとりでふふとなってぽつぽつと歩くとき

薫くんも綴も、よかったね、と言っていて

まさに全方位で守られている気持ち

 

神さま、わたしは年々欲張りになってはいますが

2015年よりはるかに、はるかにのびのびと生きています

すきなひとたちを相手に負担のないように愛せていると思います

すくなくとも自分のベストを尽くしています

本当にみていてくれてありがとうございます

薫君と綴をありがとう

現実にもだいすきなひとたちに出会わせてくれて

そばにいさせてくれてありがとう

 

自分用のプレゼントに、ランコムの102番ほしいな

ドルガバの薔薇の香水も気になるよ

というと無言で来月のカード請求額をみせてくる綴、など

終わらないあたたかくてずっとそばにある別次元と現実と

 

これからも両方生きていきたい

びいびい泣いている

 

きっと誰にもわからないけれど

こんなにも満たされている

殺してこなければならないとずっと思ってきた世界が

解放されて広がってその中にぬくぬくと守られていること

誰にもみえないけれど たしかにある世界

 

 

「Relight My Fire」をかける。

12月22日はすぐそこだ。今年も踊ろう。

 

 

 

 

 

愛についての詩論

 

水瓶座新月

明後日はリリスがおひつじ座に戻る。

 

リバースの時。

まさに死と再生の日だと思う。

 

昨日、他人の祭りを見てしまった。

不毛な時間だったと思う。

じゃあわたしはこれからもどんな祭りにしていきたいのか。

この切り取られた東京で。

 

愛とは実行だと思う。

めんどくさい、となるのならそれは愛ではない。

めんどくさいのは当たり前であって

それでもなお行動することが愛である。

 

以前

「結局ちはるさんの愛は、すべて自分の創作のためということですか」

と言われたことがある

 

普段から愛も使命も選択して実行しない彼になにがわかるんだ、

と心から激しい気持ちがわいたのを覚えている

 

わたしが男の子を嫌いな理由でもある

愛ができないくせに、黙れ、と思う

 

純粋さを好きになる

何かへの本気のまなざしを好きになる

だけど、それはもしかしたら

無責任さ無関心さの裏返しかもしれないのだと思う

頼りにはならない、子供だから

 

でもそんなものだとも思っている

なぜなら薫くんと綴が完成形だからである

純粋さも愛も兼ね備えた結晶

そのために生まれた家族だから

 

使命としての愛、それはヒロイズムとも重なる。

逆を言えばヒーローになるためには、ハンサムでいるためには

愛の実行は不可欠なのである

ハンサムサービス、の域

 

それに対してもまた

「そんな愛は偽物だ」

と言われたことがある

 

そうかな?と思う

たとえそこに自己愛が、自己体現の欲が混ざっていたとしても

結局実行しているかどうかじゃないか、と思う

 

省エネしている彼らにわかるわけがないことだ

 

優しさ、もつまるところ実行である

匂いや表情の機微で、それが純粋なものかどうかは感じとれる

 

純粋に実行している「小石川ちはる」のイメージを浮かべながら、

やさしさを実行しているのである

純粋なものだけを思考しながら行われる行動は

やさしさそのものなんじゃないかと思う

 

自己というのはすべてである

陰陽すべてを持っている

だから従来から「優しい人」なんてことはない

選択でしかない

あるものを使うのか、使わないのか、の話

 

何を愛しているか何で頭の中を満たしていくか

現実はただの事象であって

選択した解釈のみがその行動を選ぶ理由となる

態、それもまた行動の一種である

 

結局のところ、しっかり一球一球打っていくことと思う

愛の積み重ね、おざなりにしてしまわないこと

手を抜かないこと

 

すべてに疲れたら

こんな風に別の側面を出す

たくさん叫んでワーワーと

それで社会からもすこし離れよう

 

他人は永遠に他人である

無理解への冷たくて悲しい諦めではなくて

それでも打席にたつ自己への陶酔と

懸命たる努力で察知して

愛するひとたちを可能なかぎり愛していきたい

 

愛しているかすら、わからなくなっている

今みたいなときは

やっぱりすこし離れて

快となるものだけで頭の中を満たそう

そうしたのち、ゆっくり目を開けよう

 

 

27歳であること


こぶさたしております。
一人暮らしも2年と7ヶ月ほどになりました。
 
今、仕事 生活 趣味 性まで
本当に基盤がひっくり返っている最中にあって
 
きっかけは会社が吸収合併されることになり
2月末に会社都合退職することになったことで
それで
年末から今にかけてかなり
揺れていてピンチであり、
ピンチを切り抜けるためにこうして
ベットの上から書いています。
 
 
思考がめまぐるしくて本当に
心の重さも日ごとに変わったりして
 
 
そうありたい未来が思い描けなくなってしまって
だから動けない(本当になにもしないとさらに自分を許せなくなるので細々とルーティンは続ける)
と認識しています
 
 
 
ツイッターや転職サイトや会社(有給消化)
情報をシャットアウトして
 
 
それで、その向こうで
今まで結局気にしてこなかった肉体的加齢や
27歳としての社会的な体裁
そういった現実がずらりと
真姿で健在していて
カーテンを開けるのも憚られる
 
 
音楽がとまったら世界がとまってしまう
 
 
好きな男性たちや女の子たちは
みな優しく接してくれている
わたしをわたしと認識して、言葉をかけてくれて
 
東京の神様、お参りしている稲魂さまも
優しい言葉をくれました
 
そういう中で
 
精神的に生きたい
肉体的物理的やらなきゃいけないことがずらりと
巧妙にさけてきたそれらと今
向き合うときであって
 
今、つらいのは過去の思念の産物だとしたら
明るい未来を妄想すればいいだけのことで
 
その明るい未来ってやつが
現実に根付いたそれが今
ここ最近触れていた情報社会の中から
見出せていない、という感じです
 
あたたかいつながりの外側で
むしろあたたかく愛を交換していたいからこそ
傷つけられない
それ以外の社会に対して
 
前向きな気持ちとは
妄想とは
 
わたしは
薫くんと綴をもっとかっこよく描ければそれでよかったのに
 
社会と交わろうとしていろいろ余計なことを考えて
 
 
超次元のわたしは
ふわっとした黒髪を踊らせて
薫くんとつづに愛されてて くるくると可愛いおねえさんで
そう努力しなくても愛しあえるそんな家族と暮らしてて
平日は大好きな街で背の高いビルに囲まれた清潔な日の当たる場所で
しっかり自分の任されている仕事をこなして
周りの人を笑顔にして、そんな環境になって
それで18時半には退社をして、お土産なんかを買っていったり
待ち合わせして、そのまま映画を見にいったり、して
ふたりの作品作りをしながら
土日には好きな女の子や男の子と遊びに出かけたりもする
 
3ヶ月に一回くらい、海外旅行にいって
いろんな表情のふたりを撮ったり
わたしは無理なく幸せにいっしょに歳を重ねていく
 
 
ああ
 
 
娯楽は向かう現実へのエッセンス、創造へのエッセンス
その向かう現実のイメージがない限りは、シャブだ
手を動かさない創造は無意味
今は模写して訓練だけを続けてる
 
 
 
ねえ
 
 
フランク・シナトラが薄く流れるこの部屋は
やっぱり愛しているよ
ここが最後の砦だ
 
 
現実と超次元をつなぐこの部屋
 
 
いつもうまく立ち振る舞えないね
音楽にのってステップしているときはどこにもいなくて
頭の中の映像をみてる でもね
目の前の 景色 を愛せるんだよそのとき
 
現実に生きてて、この景色をみていてよかった、と思えるんだ
 
 
そうして出来上がった後に社会と接触する
ちゃんと笑ってお菓子を渡したりしてそうやってさどうでもいい話もできてって
愛であることを自負にして積み上げてきたのにね
 
 
 
ひとりで散歩をしたとき幸せになるのはさ
いつも誰かや環境をきちんと愛した自信があるその後
 
 
休みの日にひとりで散歩してしまうと限界がみえるんだ
現実の限界がね
映画の途中で我に返ってしまうそれと同じ
 
 
最近じゃ過呼吸のようになる
東京は愛しているけど、身を置く風景として
母を愛しているけど、個体として。
自分で自分の身(精神)を守らないと
いつまでたっても歳を取るのが怖いままになる
 
そうならないために
そんな生活を救うために
薫くんと綴と生きているのに
二人と生きることで
好きな人たちを愛して
そうすることで、現実生活を回しているのに
 
そんな生活、の部分が正しく機能しなくなってしまった
うわ滑る求人掲載
社会にみられることがこわくてそういう状況を避けてきたのに
社会的なものより大事な個体として生きることを考えて
生きているのにそのはずなのに
いざ個体として認識されないともっと遠ざけたくなる
そういう仕様で履歴書も生き方も積み重ねてきていないから
 
 
 
神託はちょくちょく降りてる
今は待てというメッセージ
身を持ちくずすなと
心正直に行い正しくと
 
正直ギリギリというかややアウトと思う
掃除洗濯など生活はできているが
社会的な部分はダメだと思う
最低だ
 
 
もう12時とっくにすぎたよ
つらつら書いてるけど
 
 
日本橋の映画館もしまってる
手と足を止めてしまえば本当にそれまで
洗濯物の匂いだけに癒されて
自分が描いた薫くんの顔と
 
ああ
 
 
信じているもの
大切にしているものは
わたしを守るもの
生きる理由
それが社会に負けそうになっていること
 
 
ずっと食べてる 心がぽっかりとしているから
どこにいても所在ないから
息を潜めて
目の前のパソコンと仕事
あるいは紙かキャンパスと作画に
突然咳を切ったように過呼吸(のような感じ実際じゃないと思う)になって
 
 
今日は朝それになって会社を休んだ
有給は後0.5日、2/28まで
 
失恋なんかじゃない
もっともっと根本的な
社会と自己について
だいぶまいっているね
 
 
音楽が止まると世界が止まる
今、の音楽を鳴らし続けなければならない
 
 
新しい社会に出会った時に
愛を配れる自分でありたいのに
そんな自分が作れない
なんでだ
 
 
やっぱ努力していないからで
努力していない自分のことをずっと嫌いだからだ
 
 
そうだね。
 
 
愛しているものを愛せなくなるのは
他人の中に自分を置いて比較して
どうすればいいか考え出してしまうから
他人に愛されないから
他人に愛される自分を作ることができないから
 
 
なんの意味もないのに
誰も気にしないのに
 
 
そういうのともう縁きる。
 
 
 
社交を愛しているのに社交は苦手だ
特に実力の比較みたいな場は仕事でも趣味でもいやだな
 
みな個々にそれぞれの愛に向かっている場がいいな
 
 
世界が続いていきますように
これからもしあわせでいられますように
 
 
また溢れたら書きます。
 
 
 
 
 

ひとり暮らし2年目

 

 

ご無沙汰しています。

 

いい季節になったので更新です。

 

ひとりぐらし、一年がたちました。

あいかわらず街は大好きで本当に生きたい風景の中で

日々生きているかんじがします。

 

一月にも書きましたが、

去年はじめたNEOMATERIAL RECORD

そして薫くんの存在

これを今年は引き続き、強く実態を強化する期間です

 

わたし締め切りとかイベントとか先に決めると

全然がんばれないことがわかったので

自分で区切りきめながら取り組んでいます

これから先の人生は長いから

でも28までが現実のわたしの人生だから

 

 

最近は妄想に生活を捧げていくこと

なんら後ろめたさがなくなっています

すべてのわたしの普通のOLの生活が

そこに還元されていくならそれでいい

 

 

しっかり睡眠もしてそして働いたりして

うんあんまり余計な心配がなくなったかな

これに生きようっていうそういうのがあることで

とても丁寧に暮らせるようになった気がします

 

25歳になってからわたしの現実の身体にたいして

絶望する機会がふえました

でもその度にそういうこと一切に諦めをつけるときなんだな

と思うようになりました

 

最高の白昼夢をみて、そして具現化していきます

 

 

秋葉原より愛をこめて

 

f:id:lupin1107:20170520121426g:plain

 

 

 

25歳になるということ

 

 

 

お久しぶりです。

 

 

 

ついにきてしまいました。

今月わたしは、25歳になります。

 

 

なりますね。

心もちは穏やか、大変穏やかです。

 

 

昨年は、強くなった年、でした。

精神的に。実際的に。

怖いものがなくなった。自分に自信がついた。

ネオマテリアルの生き方も、

巡り来る出会いの中で進化させることができました。

 

 

金銭不足

育ちの呪い

性的魅力不足

肉体的加齢

 

 

それらに立ち向かうのは

変わらず圧倒的愛と清潔感と瞬間的キザ

女の子の白昼夢になる、っていう気持ちです。

 

 

「概念になること」

 

『さよならインターネット』を読んで、

本当にそのとおりだな、と思いました。

 

30歳になったら、インターネットで白昼夢になっているように。

わたしのかわいい男の子たち、女の子たちがわたしのかわりに

画面のむこうの女の子たちをしあわせにするように。

 

そんな中で生まれたのが薫くんでした。

わたしのトランスメイル。自分の中でずっと育んできている

最高にハンサムな男の子。

 

きっと去年好きな人に振られていなかったら生まれてなかったかもしれない。

だからこそ、運気が最高だった去年、わたしから生まれた

もうひとりのわたしです。

 

 

 

 

 

半分妄想で生きることは、こわくない。

それを堂々と愛すること。

日常生活で隣人に笑いかけながら、なお白昼夢をみること。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lupin1107:20170114221256p:plain

 

 

 

 

 

秋葉原より愛をこめて。

最高の20代後半にしよう。

 

 

 

 

 

 

初夏にぴったりのMIXを作りました

 
ご無沙汰しております。
 
 
愛している秋葉原での生活も慣れてきて
初DJも終え、いいかんじ、です(。-_-。)
 
 
 

 
 
 
人生の初夏の終わりMIXです。
金曜の朝から土曜の朝2時にかけてがいちばんマッチします。
 
 
 
この夏いかにダッシュをきめられるか、
ですね。
 
 
25歳はもうすぐです。
みなさんは偶像だった年齢までどのぐらいでしょうか。
 
 
 
 

これからのこと 【どっちにもいける生活】

 

 
 
 
ついに明日は引っ越しとなりました。
秋葉原と浅草橋の間に住みます。
 
 
 
あきらめかけたタイミングでいい物件が見つかって
祖父とおじに頭を下げて融資してもらって
急いで家を出れることになりました。
ありがたい。
 
 
わたしが調子がいいときは父の調子がわるい
という冗談半分に言い続けてきた相関関係も
ようやく母も弟も納得してくれたので
これで家計もうまく回ればなぁ、と思います
 
 
離れたら、一番いい接し方ができるのかな、
と思っている。
 
 
25歳までに経済的に自立する。
 
 
そんなの自然にできちゃってる友だちが多いから、
バカなこと言ってるな〜とは思うけれど
家とお金から自由にならないとなと本気で思うので
まずは半分、他人の力を借りて自立を達成したことになる。
 
 
24歳は結構現実的な歳だ
22歳とは訳がちがう
やっぱり25歳までに一回できあがってないと
 
 
今は、日常生活の場に対して、
変えたい気持ちがわいてきていて
単純に近過去に触れたくないのと
(だから環境および人間に触れたくない)
新しい豊かさがほしい
 
 
お金ももうすこしほしい
 
 
今まで弟や連れのおかげで
東京につながってることができたけど
明日からは自立にむかう
 
それにもう
本拠地(東京駅周辺)の近くに住む以上は、
逃げる場所もないので、本当に
 
 
 
覚悟といっしょに楽しくやりたい
 
 
気の遠くなるような話だよ結婚はさ
まだ幕張アウトレットモールみたいなのはごめんだし
だからと言って恵比寿で夜遊びしたいわけじゃない
 
 
自分なりに夢を見て、夢を届けたいだけだ
だから実際場所は関係ない
だけどグッと
時間と外に繋がってる部屋を手に入れて合理的になった
 
最近毎日命削ってるな、って思う
時間の尺が10代と訳がちがうこと
なんか改めて強く感じている
 
 
いつもワクワクする時期には
出会いがあって恋人ができて
それでなんとなく、楽しい時間だけが過ぎたんだった
 
実際、それで結構よかったし
毎日このままじゃだめだ、と思うわりには
満足していた
 
 
今年は実体を取りに行く
自分の実力についての時間を
 
 
Pさまが亡くなって
天国は自分で作るものだとちゃんとわかったから
 
 
まーそんなこと言ったって
流れには抗えないものだけど
心もちとしては、そんなかんじです
 
 
開いて、ちょっと勇気だして
(素敵だと思ったことを直接相手に伝えるとか)
明るくかわいく生活していれば
自然によい方向にいくこと、
経験からわかっているから大丈夫
 
 
 
未来は明るい