読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオ・マテリアルガールのすすめ

「どっちにもいける」いち女子のブログです。

洋服との付き合い方 【どっちにもいけないファッション】

 

いまだに自分の好みにあった洋服をもとめ、

探し続ける自分がいます。

 

 

 

今年はもうこんだけ動き回ってダメだったので無理ですね。

今日届いたネット古着屋でデザイン一目惚れだったコートも

肩幅があわず返品です。

 

しょんぼりしています。

 

 

去年は物理的に忙しいのもあってか

ここまで諦観できてたんですけど

 

 

どっちにもいけないファッション(現在編) - ネオ・マテリアルガールのすすめ

 

 

 

今年こそ安定したコート三枚をそろえるべく

この絵のダッフルコート以外の二枚を9月頃から探していました。

結果出会えなかったです。今年は。

 

 

 

 

いくつになっても探してる一着がつねにあって

やっぱり洋服にある程度

振り回されてしまうものですね

 

 

 

たいした知識もなく

店員さんと超仲良くなるほど

かよってきた古着屋さんもない

 

 

それでもそれでも

 

 

こんな服がほしい!と思ったら

時間を作って、さがしてしまう

次の年になっても同じことを繰り返して…

 

 

 

 

探してしまうんですね

仕事にいくときは

それなりの自分なりの

ブレない安定した格好があるので

いいのですがね。

 

 

手に入るまで考えてしまう

ありたい自分になるための服で

そうもはや自分の

延長線上の存在なわけです

 

 

だからずっとたった一着を

探し続けるんでしょうね

みつけたらまた次のテーマで、

というふうに…

 

 

自分のセンスの結晶であり

自信を取り戻すきっかけであり

 

なんていうか自分にとっては

精神的に安定した生活を送るために

かかせないマテリアルになっているわけです。

 

 

だっせぇな、ちょっと距離置いたんじゃなかったのかよ…

と我ながら思います。

 

とくに今年「かわいい」洋服に目覚めてからは

毎日毎日作った古着屋リストのタイムランを眺める始末で…

 

 

わかってるんですよね

いいことが起きた時とかに自然に出会えるって

 

今年もわかっててあらがってしまった感じがします

 

日常で努力する前に動いてしまった

 

気に入った服がないと毎日落ち着いて生活することすら

できないようなのは前からなんですが

 

早めから探していたけど、今年は縁がなかった。

 

 

 

f:id:lupin1107:20141214153409j:plain

 

 

 

簡単なワンピースづくりにも

四苦八苦している自分は

買うことに割く時間のほうが多くて

 

 

 

ともすれば自分の生活は

やっぱり消費が大半を占めるわけです

根本で

すてきなモノに囲まれていれば

自分もすてきになれると

信じてるからですね

 

 

 

それはほんとうか?

 

 

 

自分はおおむね本当だと思います。

ただそうやって

モノを探すことただそれだけに

時間を割いてるなら

しあわせは手に入りませんでしたね

まさに自分のためだけに時間を使っているわけですから

 

 

土台を固める手助けとなるマテリアルだが

固めるために探すことだけに夢中になっていると

しあわせはやってこなかった

将来やりたいこと、とかもその類ですね

 

 

自分のためだけに時間使いまくってると

いいことおきなくって

生活が大事ってことですね

 

 

これされたら助かるだろうな〜

をすこしずつ毎日やると

それが習慣になるので

やがて全体がうまくまわることに

きづくんですよね

 

 

んでその中でほしいものと

出会えたりして

 

 

 

 

なんでもいっしょな気がします。

 

 

 

今年はかわゆいコートあきらめろってことですね。

 

 

 

 

もう学生じゃないんだから

なにやってんだよーって思いつつ

 

 

自分が必要に思ってるうちは

服に時間を使うんでしょうね

それでいいんだと思います

生活がおろそかにならなければ。。。

 

 

うまくいかないときは

生活に目を落とすと

ひとつひとつに悲しくなってしまいます

 

おとうさんが求人誌開いてる姿や

「三年以上付き合ったあと、次の人とぽっと結婚する」と出た彼の占いなど

 

 

 

もうたまらなくて朝から何回泣いたか

 

 

 

欲はっきりしていますね。

所有欲ばっかりの毎日です。

 

 

なのに世界の歯車のひとつとなって

自分なりにそういう女の子を幸せにしたいという

はたからみたら嘘っぽい願い

 

 

それと所有欲は互いにリンクしています

 

 

直接的なことはできないから間接的に

 

人間臭い部分とうまくやっていこうよというものです。

 

だからこの落ちてるときのダメな例も

ひとつの自分へのこれを読んでいただいたかたへの

反面教師になればという

都合のいい解釈で終わらせようと思います。。。

 

 

わし、エンターテイナーにはなれないのでね。。。

 

 

 

明日からも

仕事のときは仕事に集中して

移動時間にやること消化して

きびきびとまずは役目をはたして

 

上司がきもちよく働けるように補佐仕事しよう

 

なんだかほんと発言が宗教じみてきたかんじがして

うへあな方がいたらほんとにごめんなさいなんですが

 

ふぬけているときはこれがいちばんです

 

当たり前を当たり前ですね、、、

 

 

以上

 

どっちにもいけない生活(洋服との付き合い方編)

 

でした。